読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳、地方国立経済学部生の奮闘記

もう直ぐ社会人になる地方国立大学生が、残された時間を有意義に使うために、1日1日の行動や考えたことを発信していきます。

大学生のうちに取っておくと良い金融系資格

こんにちは。タクマです。
先日、11月20日に受けた簿記3級の合格発表があったのですが...
何とか合格してました。

勉強期間は1ヶ月半程で、授業に行きつつ市販のテキストで勉強しました。簿記3級は簡単と言われていますが、受けて見た感じ3日やそこらで受かるようなテストではなかったです。本気で勉強して1週間で受かるぐらいでした。そこら辺の難易度や勉強方法なども、今後記事で紹介したいと思います。

そして、試験がが終わり時間的に余裕も出てきたので、他の資格でも受けてみようと思います。そこで最近、金融系資格について調べているのですが、思っている以上に数が多く、それぞれに級があり、何を受けたら良いのか迷っています。

そこで、今回の記事で僕が調べた金融系資格の紹介と、それぞれの難易度や実用性を整理したいと思います。

 

大学生のうちに取っておくと良い金融系資格

日商簿記2級、3級

金融関係や銀行で働く人なら必須になる簿記資格。簿記3級を勉強すると企業の経理書類を読み、その企業の経営状況を把握することができるようになります。入社してから取らされる場合もあるので、大学のうちから勉強しておいて損はないです。就活でのアピールにもなります(特に2級は)。

 

ファイナンシャルプランナー2、3級

ファナンシャルプランナー(以下 FP)はお金に関する非常に幅広い分野を扱う資格です。資産運用をはじめ、税金や年金、不動産など、身近な金融について学ぶため、金融関係の仕事をしてない人でも取ってみると生活に役立つかもしれません。FP3級は比較的優しい部類で、必要勉強期間は1ヶ月程(中には1週間で受かると言っている人もいますが...)で、合格率は50〜70%と高めです。2級は3級よりも難しく、しっかりと勉強しないと受かりません。合格率も30〜40%と3級よりも低めです。

 

ビジネス能力検定

社会人としてのマナーやビジネススキルに関する試験で、就活生やこれから社会人になる人にオススメの資格。実際に企業の新人研修にも導入されるほど実用的であり、難易度も易し目。1級は論理的思考や、ビジネスを円滑に進めるための情報発信を試すもので、合格すれば就活や転職で大いにアピールができます。

 

銀行業務検定3級

金融関係に勤める人なら必須になる資格。預金や信託、融資、為替など主に銀行業務に関する知識が問われます。銀行に勤める人は入社前に取るように指示される場合が多く、昇進に関わることもあります。3級は比較的易しく、1ヶ月程の勉強期間で合格できるようです。

 

以上が調べた中で取っておくと良いと感じた資格です。
この他にも、少し専門的な試験にはなりますが、金融系・ビジネス系の資格はたくさんあるので、やりたいことが決まっている人や既に大学の専門で学んでいる人はそちらを受けてみるのも良いかもしれません。

ちなみに僕は入社後に備えて FPの勉強をはじめようと思います。

皆さんは何か気になった資格はありましたか?

地方国立大学経済学部生の就活の話〜4月から6月〜

f:id:lmath:20161209052527p:plain

こんにちは、タクマです。

僕は現在東北地方に住んでいる大学4年生です。
半年ほど前までがっつり就活をしていました。
なんとか第一志望だった企業から内定をいただくことができましたが、就活自体はとても大変でした。

今回は、来年以降に就活をする学生の方へ(特に地方国立大学の方、金融系を目指している方へ)、少しでも就活が上手くいくように、僕が体験したことやアドバイスを書いていこうと思います。

 

4月〜5月の就活

僕が志望していた業界(金融業界)は、ESが大体3月末から4月末にかけて順次締め切られていく感じでしたので、4月はESの提出と、面接も始まってきたのでそれにも行き始めました。そして学校が始まってからは授業も入りと...4月はとても辛かったです。企業説明会や面接がある度に地方と都内を往復してました。

地方に住んでいて、都内で就活しようという方は、なるべく4年生の前期は授業を入れない方がいいです。どうしても入れなくちゃいけない場合は、週の前半か後半に寄せましょう。まとめて動ける(都内に出る)時間を作らないと、就活にかかる交通費がエグいことになります。

ES提出は4月末までに大体目処がつので、5月は主に面接ですね。大半の大手企業は4月末までには第一回のESを締め切ります。第二回以降のES提出は企業にもよりますが、基本的に志望度が低いとみなされるので、どの企業であっても第一回締め切りまでにはESは提出します(した方が良いです)。逆に言えば5月以降、就活が上手くいっていないから志望企業を増やすというのは難しいです。たとえ企業が募集していたとしても、求められる能力が高くなるからです。

4月末から面接の結果に一喜一憂する日々が続きました。手持ちの駒が徐々に減っていくこの時期が一番つらい時期ですね...。

最初にたくさんエントリーしておけば2、3社落ちてもまだ気持ちに余裕は残りますが、その分就活自体が大変になります。そこのバランスは難しく、その人の環境(資金、住んでる場所)に依存するので、慎重に決める必要があります。

5月に入ると2次、3次と面接が進んで行きました。圧迫的な面接、優しい面接、事務的な面接と企業によって様々でした。ここら辺の面接の話は長くなりそうなので、また別の記事で書きたいと思います。

 そしてまた落ちたり次に進んだりして、最終的には5月末に内定をいただきました。6月面接開始と言われるなか、これは早い!?と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。僕が受けていた他の企業も、この時期に最終面接をしていましたし、みん就(就活情報サイト)を見てもこの時期に内定をもらっている人が多かったです。

という感じで苦しみながらも就活を終えることができた次第です。この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

地方国立大学経済学部生の就活の話〜1月から3月〜

f:id:lmath:20161209051817j:plain

こんにちは、タクマです。
僕は現在東北地方に住んでいる大学4年生です。
半年ほど前までがっつり就活をしていました。
なんとか第一志望だった企業から内定をいただくことができましたが、就活自体はとても大変でした。

今回は、来年以降に就活をする学生の方へ(特に地方国立大学の方、金融系を目指している方へ)、少しでも就活が上手くいくように、僕が体験したことやアドバイスを書いていこうと思います。

 

1月〜3月の就活

僕の年は3月に採用情報解禁だったので、1月〜2月は企業分析自己分析SPI対策を行い、2月〜3月は少しずつ開催されるようになった合同説明会への参加もしてました。また一部IT企業やベンチャー企業は面接をすでに開始していたので、2〜3月中に数社の面接を受けました。

今思うと、この早い段階での面接経験はその後の面接にかなり役立ちました。なぜ早い段階に受けておくのが良いかというと...

  •  面接の雰囲気に慣れることができるから
  • 実際に志望動機等を言ってみることで、上手く話せない部分や、まだ足りない部分が見えてくるから
  • 他の学生の志望動機や学生時代の話を聞くことができるから

この3つはどれもすごい重要です。
まず一つ目の面接の雰囲気に慣れることは、言うまでもなく重要ですね。面接室への入り方から最初の挨拶、面接官に話すときの緊張感まで、やってみると意外とイメージと違ったりします。第一志望の企業で失敗しないためにも、この時期に数社受けて慣れておくことが重要です。

2つ目について、実際に志望動機を言って、面接官の方に深堀してもらうことで、自分の志望動機や学生時代のエピソードに不完全な部分が見えてきます。本命企業の面接へ向けてのブラシュアップです。

3つ目は意外に感じるかもしれませんが、他の学生の話を聞くこともとても重要です。なぜなら、その話の構成や話かたを参考にできるからです。1〜2月というとても早い時期に面接に来ている学生は優秀なことが多く、そういった優秀な学生がどのように話しているかはとても参考になります。特に地方に住んでいると都内の就活生の様子や動きが全くわからないので、情報収集の意味でも早めに面接を受けておくのが良いでしょう。

3月に入るとESの提出が始まります(IT、エンタメ系は1、2月から開始しているところもあります)。ESは各企業ごとに丁寧に考えなくてはならないので非常に時間がかかります。なので企業分析や自己分析に関しては、遅くとも3月前半(早ければ早いほど良い)までにやっておくのが良いです。経団連は6月から面接開始と言っていますが、実際にそれを律儀に守ってる企業はありません。業界によって違いますが、ほとんどの企業は4〜5月には面接を開始します。5月末までには最終面接を終え、6月1日には内定を出すというのが現状です。さらにこの時期は個別の企業説明会も同時進行で行われているので、はっきり言って企業分析や自己分析をしっかりやるような時間はありません。必ず3月前半、遅くとも後半までにはある程度しておきましょう。

 

SPIの勉強方法について

SPIは3冊ほど参考書を買って勉強しました。SPIには種類がいくつかあり、自宅で受ける場合は、受ける前にURLや形式から何の種類のテストなのかわかります。なのでそれに対応した参考書を買って勉強するのがベストです。勉強に必要な期間は1ヶ月程で十分でしょう。
SPIはあらかじめ出題される問題が全て決まっているわけではありません。回答者が正解すればするほど問題はどんどん難しくなっていきます。難しい問題が出てきたら思い切って飛ばして、解ける問題を確実にとることが重要です。体感ですが7割取れれば大抵の企業は通ります。

 

とまぁこんな感じで1〜3月は過ごしていました。面接が本格化する前の下準備ですね。ここをしっかりやっておくかどうかで、就活が上手くいくか決まります。これから就活する学生のかたは是非早めの行動を意識してみてください。

大学生活の振り返りも含めた自己紹介

どうもみなさんこんにちは!
タクマです。
まず初めに、大学生活の振り返りも含めた自己紹介をしていきたいと思います。

ニックネーム:タクマ
所属:地方国立大学経済学部
部活動:フィールドホッケー部(引退済み)
趣味:運動、映画鑑賞、外出、ゲームなど

大学生活の振り返り
1〜2年:
部活、バイト、自動車学校、授業とかなり忙しかった。
忙しい中、必死に遊ぶ時間を確保したため、単位をかなり落とす

3年前半:
就活に向けて何かをしなくてはと思い、某メガベンチャーインターンの選考を受けるも落ち、社会の厳しさを知る。

3年後半〜4年前半:
3年の冬休み明けから本格的に就活を始める。都内で就活をしていたので、地方と都内を新幹線で往復する日々。銀行や金融系を中心に受ける。

4年後半:
遊びまくる

 

ブログを始めた経緯

僕は大学4年の後期に入って、就職活動も終わり、部活も引退し、単位もほぼ取り終わって、ひたすら友達と遊ぶ日々を過ごしていました。

昼頃に起床

適当にネットサーフィン
or
ゲーム

友達と遊ぶ

深夜3時くらいに寝る

とまぁ、こんな感じでひどい生活を送っていました。(文字に起こすとホント酷いですね笑)
しかし、ある時読んだブログがきっかけで、このままじゃダメだ...という何か強い感情が自分の中に出てきました。
明らかに時間を無駄にしている、これだけ自由で余裕のある時間は今後の人生で二度とこないのに...という気持ちです。

そこで僕は考えたんですね、何をばよいのか、何をしたいのかと。色々と案は浮かびました。その中の一つがブログだったのです。
多くの人に情報や自分の考えを発信するのが好きと言うのもありますが、ブログを書くというある種の報告を、定期的にすることによって、三日坊主や怠けを防止できるのではないかと思ったからです。

ブログに書く内容は、日々の活動の報告や、読んだ本の書評、お店紹介などにしていこうと考えてます。

また私事ですが、来年の4月には民間金融会社に就職する予定でして、今から経済や金融に関しての勉強のまとめや報告の記事も書こうと思っています。

 

以上が軽い自己紹介です。どうぞ今後ともよろしくお願いします。